相続で迷ったら、先ずは税理士法人だいちにご相談ください。

平成27年の相続発生分から相続税の課税が強化(主に基礎控除学の削減と相続税率アップ)されたことにより、 以前なら課税財産が基礎控除学以下のため課税されないケースでも基礎控除学の削減により課税されるケースが増加しました。相続関連で 何かご心配がありましたら、先ずはご相談ください。

相続税の要申告者は

相続財産(不動産・預貯金・株式など)−(借入金などの債務・葬式費用・基礎控除(3000万円+相続人数×600万円))=課税される額

生前対策のご相談でよくある相続相談は?

①相続税がどの位になるのか?(概算相続税を算定)
②相続対策が必要な場合には資産の組み替えで(評価額を下げる)、移動(父から配偶者や子へ)、法人化(不動産名義を父から配偶者や子へ)等を検討します。
③相続人間の財産分配はどの様にするか?(遺言書の作成)
などをご相談します。

相続が発生後のご相談でよくある相続相談は?

①相続税の申告が必要かどうか?
②相続税はどの位か?納税はどの様にするか?
③相続に関連する手続き(各種の名義変更・相続登記など)の説明
④財産の分割はどのようにするか?(遺産分割協議書の作成)