設立前の準備段階から法人の設立、そして各種必要な申請届出まで全てサポ-ト致します。
届出書等の提出が遅れると不利となるケースや知らないと損をする助成金のことなど、これから会社設立を考えていらっしゃる方にとって
有利になるよう適切なアドバイスをいたします。安心してお任せ下さい。

株式会社設立はもとより 費用の安い合同会社の設立(期間限定の特別キャンペーン中)も承っております。
また介護関係の設立、医療法人の設立をお考えの方もお気軽にご相談下さい。

●初めての会社設立

初めて会社設立する方は何から始めていいのかどこに頼んだらいいのか費用がいくらかかるのかなど不安や疑問がたくさんあると思います。
そこで株式会社の設立を例にして下記の基本的な事項を確認してみましょう。

 まず何を決めたらいいのですか?

まずは下記のことをご自身で又は、ご自身では不安な場合には税理士法人だいちと相談しながら決めていきましょう。

  • ●商号(会社名)を決めましょう
  • ●役員(取締役など)を決めましょう
  • ●目的(事業内容)を決めましょう
  • ●本店所在地(住所)を決めましょう
  • ●資本金額を決めましょう
  • ●決算日を決めましょう

 次に何を準備したらいいのでしょうか?

ご自身で準備するものは下記の通りです。

  • ●個人の印鑑証明書
  • ●会社印鑑類
  • ●会社設立にかかる費用
  • ●個人の印鑑類
  • ●資本金とするお金

●会社設立の流れ



●基本知識

■株式会社では法律で定められた組織運営が必要であり、株主総会や取締役会を設置し一定の要件のもとに これらの機関が会社の運営に関する決定を行います。またいつでも臨時で株主総会を招集することができます。 株主総会を招集するのは取締役ですが、3%以上の議決権を有する株主は株主総会の招集を請求することが できます。

■株式を発行して資金を集め株式の自由譲渡性、及び構成員たる株主の有限責任などを特徴とする企業形態です。 株式会社の株主の責任はすべて有限責任であり引き受けた株式の価格を限度とした責任しか負いません。 また株主は会社債権者に直接弁済すべき責任を負っているわけではないので、債権者から直接請求されることも ありません。 設立もしやすく、増資を行うときの資本調達もしやすいという特徴もあります。

■株主の氏名住所持株数などの事項を記載または記録するため株式会社に作成が義務付けられている帳簿を いいます。 株主及び債権者は理由を明らかにしたうえで会社の営業時間であればいつでも株主名簿の閲覧することができます。

■平成18年5月1日の新会社法の施行により新たに誕生した法人の一形態です。 合同会社は出資者の全員が有限責任社員でありながら株式会社のような機関や株主に強制的な規定がなく総社員 の同意に基づいて会社の定款変更や会社の意思決定ができるなど迅速な会社運営が可能であり小規模企業に最適 な会社組織です。

合同会社の設立には 株式会社の設立に必要な定款の認証や出資金の払込証明書などは不要であり  低コストで設立できます。

例えば、設立が簡単で意思決定の速い合同会社でまずスタ-トしその後株式会社に組織変更することも可能です。 また組織変更だけでなく株式会社との合併、会社分割といった組織再編成も可能となります。 会社設立には様々なケースがあります。 どのようなスタイルで会社を設立したいか、どうぞお気軽にお問い合わせ下さい。